ゆないてっどじろーず

140字じゃ足りないなってときにつかいます

デレ5th静岡2日目LVの話

お久しぶりです。

さて、今回は先日静岡で行われたデレマス5th LIVEのライブビューイングがアツすぎたというお話。
Twitterで終わった直後から散々感想を垂れ流していたんですが、このままだと恐らく向こう3年くらいは静岡公演の話しかしなさそうだったので、ある程度落ち着いてきたこの辺でいっそブログで出し切ろうと思い筆を執りました。*1

ですが、そもそもLVに行くにあたって何の予習もしてなければ(一週間前に突如参戦が決まった)、過去のライブとの比較ができたりするわけでもないので、生暖かい目で適当に流し読みしていただければ…と思います。

 

さて、保険…もとい前置きはこのくらいにして本題に移ります。
まずはセットリストをご覧いただきましょう。

1.Yes!Party Time!!
(MC)
2.Romantic Now
3.き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!
4.ニャンと☆スペクタクル
5.空と風と恋のワルツ
6.Heart Voice
(MC)
7.追い風Running
8.秘密のトワレ
9.心もよう
10.shabon song
11.Jet to the Future
(MC)
12.エチュードは1曲だけ
13.パステルピンクな恋
14.絶対特権主張しますっ!
15.Star!!
(MC)
16.Love∞Destiny
17.共鳴世界の存在論
18.Sparkling Girl
19.Rockin' Emotion
20.ハイファイ☆デイズ
21.純情Midnight伝説
(MC)
22.夕映えプレゼント

アンコール
1.M@GIC☆
(MC)
2.お願い!シンデレラ

ざっとこんな感じでした。今回は両日で共通のセトリだったっぽいですね。
自分が見に行ったのは2日目ですが、全曲しっかり感想を覚えているかと言われると微妙なので、とりあえず印象に残った部分を掻い摘んで行こうと思います。

まず1発目の全員曲Yes!Party Time!!。この曲が流れた瞬間=ライブ童貞を卒業した瞬間だったので正直圧倒されすぎてあんまりちゃんと覚えてないです。声優オタクではなかったのでテロップで顔と名前を一致させる作業に全力を注いでました。青木瑠璃子さんマジで背高いですね…

で、開幕即「ハンバーグ食べた~???」をブッ込んで来たMCを挟んで2曲目のRomantic Now
みりあのソロ曲ですが、今回はみりあ役の黒沢ともよさんに加えて花山龍崎薫役の春瀬なつみさんも参加。
で、このデュエットが非常にヤバい。最終サビ前、薄暗い照明のステージの真ん中で背中合わせで手繋いで頭グリグリしてんのが非常にヤバい。あれは紛れもなく赤城みりあ龍崎薫でした。

1曲飛んで4曲目、ニャンと☆スペクタクル高森奈津美さん曰く、『おねだりShall we~?』と間奏のアオリ方を変えているらしく、あっちは「にゃあ」で煽ってるけどこっちは曲名に合わせて「にゃん」で煽ってる、だそうで。知らなんだ…
「ニャ~にがニャんでも…」の時の観客席の「固唾を飲んで見守ってる」感が凄くて笑いました。

さらに1曲飛んで6曲目のHeart Voice、メンバーは牧野さん(まゆ役)、藍原さん(志希役)、長島さん(メガネ春菜役)、高野さん(高田純次フレデリカ役)の4名。
前日にセットリストを見てこの曲があった時はかなり驚きました。オリジナルのメンツは誰もいないわけですが、こういうのもライブの醍醐味ですかね。Heart Voiceも好きだし佐久間まゆも好きなので優勝でした。

ここで最初のブロックは終わり。MCの牧野さんと拓海役の原さんの掛け合いがクソ面白かったです。
原「え~っと、は、は、Heart Voice…Heart Voiceですか?」
牧野「ちゃんと言えよ!!!ちゃんと言え原!!!この曲大変なんだぞ!!!こっちも全力なんだよ!!!」
藍原「すっごい大変だった(真顔)」

拓海にキレるまゆって考えると滅茶苦茶レアシーンですよね。最高かよ。
佐久間まゆに「お猿さん手挙げて~?」って言われたいですね。

そして次のブロックへ。このブロックのトップバッター、7曲目は追い風Running
実はこの曲、ここで聴くまで殆ど聴いたことがなかったんですよね。頭の方をちょこっと聴いたかな…?程度でした。
なので完全ノーマークだったわけですが、これがとにかく凄い。
まず中島由貴さんのダンスのキレがヤバい。歌もうまい。完璧すぎました。
中島さん本人のフレッシュさも相まって完全に"""""乙倉悠貴"""""でした。

8曲目の秘密のトワレ、藍原さんどっからあの声出してるんですかね…
これも散々言われてますが、「もう戻れない ごめんね」のあとニヘッてなるのがなんかもう、こう…(語彙喪失)
藍原さん曰く「あんまり『こういう風に歌おう』みたいなのは考えてない、毎回違うトワレになる」とのこと(こんな感じのことを言っていたような気がする)。そういう点も含めて志希っぽくてよろし…

2曲飛んで、11曲目Jet to the Future
「ロック・ザ・ビート最高かよ」以外の感情がないです。ギャン泣きでした。
LVだと大サビの最後が画面2分割で二人の表情がドアップで写されてたわけなんですが、LVだからこそ出来るクッッッソ贅沢な画面の使い方で無事昇天。これに関しては現地よりLVの方がよかったなって勝手に思ってます。

ちなみに、今回公演前に安野さんから青木瑠璃子さんにピックのブレスレットをプレゼントしていたそうで、それを自慢する青木さんとめっちゃ照れる安野さんがクソ微笑ましかったです。
挙句の果てに「今後ともよろしくお願いします」「こちらこそ不束者ですが」とか言い出して供給過多にも程がある…神…*2

濃密なイチャイチャを見せられた後のブロックは属性曲3曲+Star!!でしたが、JttFの余韻に浸りすぎてあんまり覚えてません。エチュードは1曲だけのカメラワークがえっちかったことくらいしか記憶にない…

そしてStar!!の後、正直一番ツボだったMCコーナー。A~Cの3種類のお茶の中から静岡の掛川茶を当てる利きお茶クイズに中島さんと青木志貴さんが挑戦するわけですが、とにかく志貴くんさんのセンスが爆発してて終始笑いっぱなしでした。これに関しては面白さを伝えられる自信がないので割愛。
で、個人的に一番の優勝ポイントだったのがこのクイズのシンキングタイム。
ボス猫、もとい高森さんが他のメンツに「可愛いネコのポーズで待機」という命令を下した(?)んですが、その時に安野さんだけウサミンポーズだったんですよね。
*withなつななのうち安部菜々役の三宅さんだけ静岡には出演していなかったからだと思うんですが、まさかここでブチかましてくるとは…って感じでした。開演前にBGMでWonder goes on!!が流れてた時も「4人揃ってれば聴けたんかな~」なんて思ってたこともあって不意打ちの威力が凄まじかったです。尊すぎる…


…で、ここからが問題の最後のブロック。まずはラブデス、メンバーは牧野さん津田さん青木瑠璃子さんに加えて中島さん志貴さんの利きお茶コンビ。志貴さんは美しいし中島さんのダンスのキレは相変わらずだし、そして何より牧野さんの鬼気迫る歌とダンスに圧倒されました。Heart Voiceやパスピンの時とは違う「ラブデスの佐久間まゆっぷりは圧巻の一言でした。
あと腰ぐりんぐりん回す青木瑠璃子さんエッッッッッッロい、エロくない?

そしてここからソロ曲、共鳴世界の存在論。4thの時からずっと言われてますが、ビジュアルからして完全に飛鳥くん本人ですよね。「あっ、二宮飛鳥がいる…」なんて思いつつ、ただただ画面に目が釘付けでした。

お次はSparkling Girl。個人的に李衣菜のソロ曲はトワスカよりこっちの方が好きなのでイントロが流れてきた途端もうこれまたギャン泣きですよね。歌詞通り、体じゅうで歌ってみせてくれました。最高。いい加減語彙力が尽きてきましたね。

で、そのままRockin' Emotionに続きます。Sparkling Girlに「本音本気さらけ出して 駆け抜けるSparkling Days」って歌詞があるわけですが、安野さんがそれに合わせて「最後まで駆け抜けるぜーッ!」って叫びながら出てきたのが本当にもう…(感涙)
原さんと二人でステージ上を所狭しと駆け回るドチャクソパワフルなロキエモでした。

その次はハイファイ☆デイズ、メンツは序盤のRomantic Nowの2人+高森さんという、これもなかなかレアな組み合わせ。疲れてるときにハイファイ聴くとホント泣きそうになるんでダメですね。

そしてブロックの最後は原さん安野さん村中さんに加え、浜名湖で鍛錬してきた嘉山さんと熱海温泉に浸かってきた青木志貴さんの5人による純情Midnight伝説デレステ版だとなつきちパートの「覚悟なんてとっくに決まってんだろ?ついて来な」を嘉山さんに歌わせるパート分けのセンスが最高でした。ぶっちゃけめっちゃ笑ってました。

そんなこんなで疾走感溢れる最終ブロックも終わり、ラストは夕映えプレゼントで〆でした。最終ブロックが強すぎたせいでラストなのに何も覚えてません。

その後、いろいろ告知を挟んでアンコール突入。
M@GIC☆の後、最後の挨拶で感極まって泣く演者さんが大勢いる中めっちゃ通常運転の村中さんの安定感でクソ笑いました。強すぎる。
とはいえ(?)、全体的には聞いてるこっちも涙が溢れそうな感動的な挨拶でした。ついでに言うと膀胱も溢れそうでした。
そして挨拶も終わり、最後は全員でお願い!シンデレラ
途中の自由に動くパートで高森さんと牧野さん(と後ろにもう2人くらい)がChoo Choo TRAINをやってたのがめっちゃ面白かったです。この時点で挨拶の時の感動は完全にどっか行きました。最後の最後にどえらい爆弾ぶち込んできやがりました。

 

というわけで、終盤かなり駆け足になってしまいましたがこれにて一応静岡LVについては以上です。
いやー、最高でしたね。元々出演者が推しだらけだったのでめちゃくちゃ期待してたんですが、その期待を裏切らないどころか軽々と超えてきました。声優オタクでもイベントオタクでもなかったんですがハマりそうです。ヤバい。
既にTwitterでも散々言ってる通り、最終ブロックがストライクゾーンど真ん中すぎたのでガッツリ書きたかったんですが、ただでさえ前半でやる気を使い果たしている上に、印象に残れば残るほど書くことに迷いすぎて逆に何も書けなくなってしまうという…

あと今回LVを見て、オタクの「高まりすぎて叫ぶ」という心情が若干理解できました(実行するかどうかはさておき)。ただ手ぶらだとどうしても手持ち無沙汰で座りっぱなしだったり棒立ちになってしまうので、次LVなり現地なり行くことがあれば光る棒くらいは用意して行きたいですね。

それでは、だいぶ長くなってしまいましたが今回はこの辺で。

 

最後になりましたが、追い風Runningを聴いてください。マジで。

*1:書き始めたのは静岡公演の3日後くらいだったんですが、サボりつつダラダラ書いてたら幕張公演も終わってしまいました。

*2:先日大学の最寄り駅の前で宗教家に捕まって「神様は見えないけどいますから」的な話をされたんですが、少なくとも僕の神は静岡エコパアリーナにいました。見ました。神。